業務案内

TOPページ業務案内業務内容

助成金受給のチャンスを増加!

助成金はなかな受給ができないと思っていませんか?
日ごろのお手続きをきちんとしておくことで、意外なところで助成金を受給できるチャンスがあります!
ビジネスフライトではせっかくのチャンスを取り逃がさないよう全面サポートいたします。

助成金の原則、当サイトの表示説明について、こちらを先にご覧下さい。

助成金について

名称 試行雇用奨励金
カテゴリー 採用
助成額 最大12万円
助成金の主な用件 ハローワークに求人票を掲載し、募集業務に対して未経験の方を雇用すること。
Point1 試行雇用奨励金を受給対象とした求人をハローワークに出す必要があります。
Point2 3ヶ月、お試しで雇用いただき、合わなかった場合は3ヶ月での雇用終了が可能です。
名称 特定就職困難者雇用開発奨励金
カテゴリー 採用
助成額 対象労働者の勤務時間 中小企業 大企業
一週30時間以上 90万円 50万円
一週20時間以上30時間未満 60万円 30万円
助成金の主な用件 ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により、次の方を雇用すること。
・60歳~65歳未満の高齢者、障害者、母子家庭の母など
Point1 重度障害者を雇用した場合は、助成額は表示より高くなります。
Point2 本助成金の支給終了後も引き続き相当期間雇用することが確実(※)であると認められること
※無期雇用か希望すれば更新可能な有期雇用
名称 キャリア形成促進助成金(成長分野等人材育成コース)
カテゴリー 教育訓練
助成額① Off-JT訓練 訓練に要した費用の1/2(実施時間につき上限設定あり)
訓練1時間当たり800円

OJT訓練
訓練1時間当たり600円
助成対象となる訓練受講者 雇用保険に加入している従業員
対象となる訓練費用 外部講師の講師料、施設・設備の借上料、教材費等、訓練中に支払った賃金
助成金の主な用件 職業訓練計画を一ヶ月前までに国に届け出ること
Point1 事業主が支払った経費が対象です。
Point2 他教育訓練関係奨励金等の併給については、調整があります。(下部記載)

教育訓練関係奨励金の併給調整について

教育訓練経費に関する助成金の併給は出来ませんので、どれか一つになります。
キャリア形成促進奨励金の助成額②(賃金に対する助成)については、他助成金との併給が可能と考えられています。
名称 キャリアアップ助成金(正規雇用等転換コース)
カテゴリー 処遇改善
助成額① 有期雇用から正規雇用への転換等 中小企業 40万円 大企業30万円
有期雇用から無期雇用への転換等 中小企業 20万円 大企業15万円
無期雇用から正規雇用への転換等 中小企業 20万円 大企業15万円
助成金の主な用件 キャリアアップ計画を1ヵ月前までに国に届出て認定を受けること
Point1 有期雇用から無期雇用への転換等は、基本給の5%以上増額が必要
Point2 転換時に、社会保険の加入要件を満たす場合、社会保険の被保険者となっていること
名称 キャリアアップ助成金(人材育成コース)
カテゴリー 教育訓練
助成額① Off-JT訓練 訓練に要した実際の費用
中小企業20万円(上限) 大企業15万円(上限)
訓練1時間当たり 中小企業800円 大企業500円
OJT訓練 訓練1時間当たり 700円
助成金の主な用件 対象者が有期契約労働者等(パートタイム、アルバイト)であること
キャリアアップ計画および職業訓練計画を1ヵ月前までに国に届出て認定を受けること
Point1 対象者に対して、キャリアコンサルタントによるジョブ・カードの交付が必要

事務所案内

社会保険労務士事務所
ビジネスフライトコンサルティング
〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町2-20-5
石川ビル3階 >>地図
TEL03-5640-6262
FAX03-6806-0017
E-MAIL info@business-flight.jp
社会保険労務士個人情報保護事務所

カテゴリーリスト